ヒカリノ森

北欧では、冬至の頃にはユール
《Yule》と呼ばれるお祭りをします。
ユールは、キリスト教が伝来する以前の
時代から北欧に伝わる古い冬至祭です。冬至前後の北極圏の国々では、夜が長くお昼間でも暗く太陽が
沈んだ状態「極夜」が続きます。
冬至の頃に昇る太陽は非常に
神聖で貴重なものとされ、
そこに住む人たちは太陽の復活を祝い、
お祭りをするのです。

暗い極夜を過ごして来た人たちが、
きらきら輝く太陽を見たときは
本当に嬉しく
暖かい気持ちになるのだと思います。

この展示では、そんな太陽のように
気持ちが晴れやかになるような
いろとりどりに物語を紡ぐ作品が並びます。

開催詳細

期間 12月14日(水)~12月26日(月)
休み 毎週火曜日定休
時間 11:30~21:00

作家
ayumi cookie(クッキー)神奈川
summit (手織り キリムとギャッベ) イラン
tane tane(草木染めと彫金)神奈川
yukinoiro(アクセサリー)埼玉
漆具 (漆) 神奈川
さかまのぶこ(ヒンメリ)神奈川
篠原宏子(ヒンメリ)神奈川
竹内玄太郎(陶芸)京都
原田百恵(テキスタイル)神奈川
福田麻子(リース)神奈川

[metaslider id=1368]