© 今古今 All rights reserved.

 

新月宮酒場 12月11日(金)

   

新月宮酒場

新月の夜にだってひらくのです。

中井町の宮川酒店さんとのコラボ企画『新月宮酒場』が新月の夜だけオープンします。今古今の優しくてどこか懐かしい料理達と、宮川さんが選び抜いた日本酒。ゆっくりのんびりと時間をお過ごしください。

酒屋さんと話しながらお好みのお酒を選びつつ、知らない方と相席しながら新しい出会いを楽しんで頂くのも良し、お友達と楽しむのも良し。

日本酒をメインに好きなお酒や酒肴と引き換えるチケット制の酒場になっております。
今回日日食堂では、旬の地魚と季節野菜を目一杯つかった「日本酒にあう酒肴」をテーマにメニューを組み立ててみました。
宮川さんの選んでくださる魅力的な日本酒と共に、楽しいひと時お過ごしください!

12/11 新月宮酒場メニュー

お魚料理

  • 豆アジの洋風南蛮漬け
  • 鰆の幽庵焼き
  • 黒穴子の照り焼き(みそたまり)
  • 鯖の2種の麹焼き(醤油麹・塩麹)
  • 唐人の唐揚げ
  • 鈍子の肝つみれ汁
  • アジとじゃが芋のコロッケ
  • 揚出し豆腐帆立醤油あん
  • 人参、菜花、海老の柚子味噌和え

お野菜たっぷり料理

  • 水菜、大根、ジャコのサラダ
  • お出汁たっぷりハッピー豆のおから煮
  • パプリカとアボカドの醤油麹和え
  • 蓮根と大葉のフライ
  • お漬けもの三種(ぬか漬、大根と柚子、真っ赤なピクルス)

ごはんもの

  • ライスコロッケ(鯖のオイル煮)
  • 五平もち(3年熟生みそダレ)

ご予約なしでご来店いただけます。
初めての方も、また毎回楽しみにしてくださってる方にも楽しんでいただけるよう、今月もワクワクしながら準備をして皆さまをお待ちしております。

【同時開催ヒンメリワークショップ】

今古今内の天井に吊るされている、幾何学模様の不思議なモビール、気づいている方も多いかと思いますが、
これ、『ヒンメリ』と言います。
フィンランドの伝統的な装飾品で、昔フィンランドでは冬至を迎えるために、
このヒンメリを家族の集まる食卓の上や、台所、玄関などに吊るして五穀豊穣や、
家族の幸せを願ったと言われています。
日本でしめ飾りを飾ってお正月を迎える的な。
時代とともに文化も変化し、今は冬至を迎えるよりもクリスマスに向けてヒンメリを
飾ることが多くなったみたいです。
さて、そんなヒンメリ。麦わらと糸だけで出来ています。
一見難しそうに見えますが、覚えてしまえば意外と出来てしまいます。
一筆書きみたいに麦わらに糸を通していくと、あら不思議。立体になるんです。
027 (2)

12/11(金)19:00〜22:00

今古今(新月・宮酒場は18時〜オープン)

時間は30分程。お酒を片手に気軽に参加出来ます。
参加費は新月券2枚。基本の形である正八面体を二つ作ります。

 

 

開始時間はないので、テーブルにいる〝さかま のぶこ〟に声をかけて下さい。

ページ上部へ戻る