© 今古今 All rights reserved.

 

《3月19日 ワークショップ》木村タカヒロの快画塾

   

RESERVA予約システムから予約する

快画塾は、自分のなかに眠っている絵の才能を短時間で引き出すワークショップです。
「本格的に絵を習ったことないから絵を描くのが苦手」と思っている人でも、ものの見方、脳の使い方、意識の持ち方を変えるだけで、すぐに描けるようになります。
また、すでに絵を描いている方にとっても、新境地開拓のきっかけになることと思います。
技術的に優れた「絵画」よりもまず、描いて楽しい気持ちいい「快画」をやりましょう!という講座です。

講師紹介

木村タカヒロさん

以下Wikipediaより抜粋–
木村タカヒロ(きむら たかひろ、1965年-)は、日本生まれのイラストレーター。
「ハデでキレイでカッコイイ」がモットー。顔面コラージュ作家。個展も数多く開催。近年は、キムスネイクの名でキャラクターアニメも制作。
テレビではBSフジで放送の無意味良品に登場するキャラクターや、フジテレビ系で放送のザ・ベストハウス123のオープニングアニメーション、ハトのマークの引越センターのアニメーションCMなどを手がけている。

開催詳細

開催日 2016年3月19日(土曜日)
時間 14:00~17:00
定員 20名
参加費 3,500円(ワンドリンク付き)
内容 ドローイング実技(鉛筆、マジック、画用紙)
講義 個性の引き出し方・個性の伸ばし方・右脳で描く・記憶と記録・意識と無意識・自由の枠・作品展開の仕方・快画の効能・その他

 

 

ページ上部へ戻る