© 今古今 All rights reserved.

 

金継ぎワークショップ

   

RESERVA予約システムから予約する
金継ぎとは、割れてしまったり、一部欠けてしまった陶磁器を漆を使って接着、補修をし、そこに金粉を蒔き、加飾することで器に新しい価値を生み出す手法です。
金継ぎ、と言うからには最後に金粉を蒔くのが定番ですが、銀粉や錫粉、朱色や白色、黒色などの色漆で仕上げる手法もあります。
ご自身の大切なお茶碗を直すのは勿論、金継ぎを習得したいという方にとっても、鎌倉彫をベースにした漆を扱う知識と技術を身に付けるのに最適です。
漆を生業とする〝塗師〟としては、暮らしの中で漆との距離が縮まり、皆様のおそばに漆の新しい居場所が見つかるきっかけとなれば幸いです。

講師紹介

講師 森野 春彦 (森彦工房)
昭和48年生まれ。鎌倉在住。
20年以上鎌倉彫で身に着けてきた漆を扱う技術をおすそわけします。
雨の日も鎌倉から今古今までメタルを聴きながらバイクで移動しています。
コメント 「漆に限ったことではありませんが、時間の掛る作業や経年変化をじっくりと
楽しみながら、何よりも想定外の 出来事にワクワクする性分です。」

開催詳細

開催日 第1、第3水曜 及び 第1日曜、第3月曜
各日午前の部と午後の部の二部制 月8教室
時間 各日 9:30 ~ 11:30 / 13:30 ~ 15:30
定員 6名
参加費 1回3,500円 (材料費込)
仕上がりまでの目安 省略せずに順序立てて漆を使う工程を進めますので、仕上がりまでは小さな欠けのある状態を金継ぎする場合でも最短で5回を目安にお考え下さい。
参加される方へ コース制ではございません。参加可能な日の予約を取ってお越しください。又、漆を使用して欠けなどを繕った場合、キチンと漆が固まるまで1週間は室の中に入れておくため、予約日と次の予約日の間を1週間開けてお考えください。漆を使用しての作業の際に肌に直接漆が触れないように、長袖の汚れてもよい作業用着をお勧めします。エプロンなどがあるとより安心です。金継ぎをしたい器が複数ある場合は、直接器の状態を見て経験値に合ったものをお選びしますので、ひとまず今古今へお持ち下さい。
準備・用意するもの ご自身がお持ちの割れ、欠けのある陶磁器をご持参ください。お持ち頂くのは茶碗サイズで3個程度までを目安です。器をお持ちでない方は、こちらで準備することも可能ですのでお気軽にご相談ください。
申し込み方法 RESERVA予約システムから予約する
第1、第3水曜日 及び第1日曜日、第3月曜日で初回参加希望日をお決め頂き、ウェブで直接御予約頂くか、下記の電話番号、又はメールアドレスにて[氏名・参加希望日・メールアドレス又は電話番号]をお知らせ下さい。また下部申し込み記入欄に記入頂き、この用紙を今古今(にちにち食堂)で直接お渡し頂く事でも御予約の申し込みを受付させて頂く事も可能です。
ページ上部へ戻る