二十四節気のごはん《清明》

二十四節気では清明。昨日、一昨日と初夏のような気温でしたが、今日は寒い日になりましたね。

きっとこれが平年並みなのでしょうが、気温差が激しいのでみなさまお身体ご自愛ください。

さて、
今年は桜があっという間に満開になりましたね。

近くの山へ行くと、新緑の緑が優しく、たくさんの蕾があちらこちらに。

山の中も賑やかになってきたなぁ。なんて実感する季節です。
なんだかワクワクする季節なのではないでしょうか。

そんな清明のごはんのメインは、「そら豆のすり流しの茶碗蒸し」です。

滑らかでクリーミーなすり流し、後からそら豆の香りがふうわりと効いてきます。

淡い緑がとても優しくて、ぜひ食べていただきたいと思い、またしても茶碗蒸しにしました。



他には、お豆腐とお野菜の南蛮漬け。

一度お出汁で炊いた後の里芋は本当に美味しいんです。

ほどよい酸味が、暖かくなってきたこの季節にぴったりなおかずです。

そして、いろいろきのこと昆布のきんぴら。などなど。


ぜひお楽しみくださいね。

二十四節気のごはん《清明》 1200円
《献立》

そら豆のすり流しの茶碗蒸し
レモン風味のポテトコロッケ
色々なきのこと昆布のきんぴら
菜の花と人参の八朔味噌和え
豆腐と野菜の南蛮漬
ごはん、お出汁のスープ