魚の下拵えのこと

黒むつの炙り、伊佐木、天然の真鯛のお造り。 日日食堂では魚を仕入れてから最初にホースで血抜きをします。そして魚の頭と内臓を取り、お腹を洗った後に50度のお湯で表面をさっと洗った後、たっぷりと氷を入れた塩水で魚を締めた後に […]

Read more

蓮井幹生さんの珈琲豆

日日食堂でお出ししている水出し珈琲の豆が新しくなりました。 こんにちの日日食堂は以前の提供スタイルとは変わり、お昼も夜もコース形式となりましたので、当然流れが違うわけですから珈琲の占める割合もバランスも以前とは異なります […]

Read more

今週の前菜のひとしな

今週の前菜のひとしな。 さつま芋と枝豆、胡桃、そして、うどの新芽の白和え。10ヶ月程寝かせて熟成させたさつま芋の芳醇な甘みに、うどの新芽の爽やかな香りとほろ苦さ、じっくりとローストして香ばしい油がにじみでてきた胡桃、枝豆 […]

Read more

レイアウト

お店の内観。 器にテーブルレイアウト、全てが以前に比べて大きく変わりましたが、今回のリニューアルでなによりも大事にしたのは光です。 今回スポットの数をかなり減らし、さらにテーブルにあたる光を狭角にしました。そうしたことで […]

Read more

或る日の献立

6月10日お昼。 ある初夏の献立はこの様な感じで作りました。 ・蕨、春菊、玉蜀黍、おかひじき、シリンダービーツなど季節のおひたし・地魚の洋風南蛮漬け・枝豆と胡桃、ヤングコーンの白和え・牛蒡と人参の竜田揚げ・新玉葱の茶碗蒸 […]

Read more

今古今のこと

大磯駅のすぐ近くに「グルニエ・メメ」さんという古道具屋さんがあります。僕が大磯に移住してきた頃からずっとお世話になっているお店で、何かあるとすぐにメメさんに相談にいく、そんな大磯の母の様な存在です。 最初にメメさんのお店 […]

Read more

料理とうつわ

うつわの向こうには作り手の姿が見えます。それは時に我々の背筋をしゃんと伸ばしてくれます。 うつわの作り手の顔を思い浮かべながら料理を盛り付けていると「これくらい頑張ればいいか。」ではなく、気づけば「まだもっと良くなる。」 […]

Read more

Posts navigation