カテゴリー: 未分類

 つむきだん2018.1.31 – 2.18

つむきだん。そもそものきっかけは3年前、三重県大台町と今古今とのコラボレーション企画「木食同源」という山村活性化対策事業の展示の中での雑談からはじまりました。
「大台町でずっと大工仕事をやってこられた廣田さんのガレージには木取りをして何十年も寝かせている大台町の素晴らしい材木があるんですよ。」
「今はもう大台町ではほとんど見ることのなくなった貴重な材の『とがさわら』など、素晴らしい大台町の木の歴史、物語が詰まっているんです。」
「本来、湿度や環境が一緒のその土地の木材を使うことが家を建てるのに一番良いことなんです。」
「大台町に暮らすひとが自然と共に暮らしてきたその土地の歴史のようなものを何か形にできないですかね?」
話を聞けば聞くほど、大台町の自然の美しさや変化、暮らすひとの知恵や文化の伝承、色々なものがまちに住む我々にとって見落としてしまいがちな要素が詰まっていました。

 

mizum工房《さをり織》

大磯駅から海へ向かって歩いて5分ほどのところにある場所で、さをり織りの小さな教室兼アトリエを開いておられるmizum工房さん。手本通りに織るのではなく、自分の想いのまま好きに好きに自由に織りながら自分の感性を引き出してゆく。さをり織りはそんな手織りなのだそうです。

 

 

mizum工房のこと

mizum工房は、さをり横浜で長く織りに関わった経験から、2016年大磯に教室兼アトリエを開きました。さをりの精神を大切にしながら、自分らしさを加えて、より楽しい手織りを伝えたいと思っています。

 

mizum工房のInstagram

[jr_instagram id=”9″]

さかまのぶこ《ヒンメリ》

海と山のあいだにあり、自然がたくさんの大磯という小さな町で、さかまのぶこさんは、ヒンメリを作ったり、整体をしながら日々を暮らしています。
目の前の窓から見える草木や野鳥、風や季節、自然にあるものをイメージし麦わらを組み、そしてヒンメリを眺めた人が、ほっとする、心が豊かにあたたかい気持ちになれますように、、、と想いを込めてヒンメリを作っておられるそうです。

さて、ヒンメリはフィンランドに古くから伝わる伝統的なオーナメントです。
太陽が昇らず、冬の長い過酷な環境でも育つライ麦はフィンランドの人々に『神の穀物』と言われるほどとても大切な存在です。
そのライ麦の麦わらで作られるヒンメリは、冬至の頃に豊作や家族の幸せなどの願いを込め家に飾られます。
自然の恵みに感謝し、誰かのことを想い作られるヒンメリは、眺めているだけで優しい気持ちにさせてくれます。

 


さかまのぶこさんのInstagram

[jr_instagram id=”10″]

nest《革靴と革小物》

茅ヶ崎の自宅アトリエで、素敵なシルエットの革靴と革小物の制作を手掛けられているnestさん。
タンニンなめしのレザーを使った一足一足がハンドメイドでつくられた靴は履き込めば履き込むほどに色の変化や傷が素敵な風合いとなり、愛着が増していきます。
今古今に併設している日日食堂のスタッフもみんな履いている、大人気のnestさんの靴は、気軽に色や縫製の糸などセミオーダーも出来るので、自分だけのとっておきの一足をつくる幸せを感じられるのです。

 


1DAYマルシェ – 手仕事ワークショップ

「革のキーケースをつくろう」
日時: 2017年12月18日
所要時間: 45分
料金: ¥1,800

本格イタリアンバケッタレザーを使用したキーケースづくりのワークショップです。
革小物作りを体験してみたい方、大切な人へのプレゼントとを手作りしたいかた、自分へのご褒美として、、
日常で使うものを手作りしてみる。そんなワークショップです。
お申込は以下のページからご予約をお願いします。
RESERVA予約システムから予約する


nestさんのInstagram

[jr_instagram id=”7″]

tanetane《草木染めと彫金》

ふうわりとした空気感に癒される草木染めと彫金のおふたりによるユニット。 海と山のある自然豊かな大磯町の小さな工房で四季を感じながら 金工アクセサリー,草木染 服,バック,こものなど生活が楽しく彩るようなものづくりをしているユニットです。自然や動物と仲良く笑って暮らせるようにひとつひとつ願いを込めて楽しくつくっています。

tanetaneさんのInstagram

[jr_instagram id=”6″]