カテゴリー: アーカイブ

伊東正明 陶展「Basics」2018.1.6 – 1.28

陶作家 伊東正明さんの、湯河原のみかん灰からつくられるターコイズブルーのように美しい灰釉の器「氷雪」。洗練された薄くてきれいなシルエットが多い伊東さんの器ですが、今回の展示にあたって、今古今として「くらわんか」碗をつくってほしいとお願いをしました。
そうしたところ、伊東さんからも常々つくりたいとおもっていた「なます皿」という器があると伺い、あれよあれよと意気投合して今回の展示「Basics」のコンセプトへと繋がりました。
いつもより無骨で分厚いフォルムの器たち。でも分厚くつくられた器は、そのかわりにやさしい佇まいを持ち、ああ、これも伊東さんの手が持つ感覚「Basic」のひとつなのだなあ、と新たな世界観の発見にとても嬉しくなりました。ぜひいつもと違う伊東さんも楽しみに、「Basics」の展示へいらしてください。

 

 

伊東さんの展示に向けたメッセージ

2018年は、独立して15周年という節目の年になります。
これまでの自分の仕事を振り返り、この1年はじっくりと「食器」に取り組んでみたいのです。
少し前から気になっている器があります。
「なます皿」という昔の器をご存知でしょうか?
一見すると古臭い生活雑器のようですが、私には受け入れるものを拒まない懐の深さがあり、料理を支える安定感抜群の器に思えるのです。
こういった古くからある「まなす皿」のような魅力的な和食器を取り上げて、その本質を求めて制作した器の数々を「Basics」としました。
本展ではその「Basics」の第一歩を踏み出したいと思います。
陶作家 伊東正明

 

#伊東正明Basics

[jr_instagram id=”5″]

さかまのぶこ「ヒンメリ食堂」2017.12.1 – 12.28

ヒンメリはフィンランドに古くから伝わる伝統的なオーナメントです。
太陽が昇らず、冬の長い過酷な環境でも育つライ麦はフィンランドの人々に『神の穀物』と言われるほどとても大切な存在です。
そのライ麦の麦わらで作られるヒンメリは、冬至の頃に豊作や家族の幸せなどの願いを込め家に飾られます。
自然の恵みに感謝し、誰かのことを想い作られるヒンメリは、眺めているだけで優しい気持ちにさせてくれます。

冬のヒンメリ展のこと

ヒンメリは家族の幸せを願い、家族の集まる食卓の上にも飾られます。
家族、恋人、友達、大切な人と日日食堂にごはんを食べに来られた方たち、もちろんお一人でゆっくりとごはんを愉しみに来られた方も。
日日食堂のごはんを食べている上でヒンメリがゆらゆらと揺れ、そこにいるみんなが幸せな時間を過ごせますようにと言う想いで飾りました。
冬至までに少しづつヒンメリを増やしていきます。木の冷蔵庫の上のヒンメリは一日一個ヒンメリを足していきますので、変化も是非お愉しみください。

ヒンメリ作家 さかまのぶこ

海と山のあいだにあり、自然がたくさんの大磯という小さな町でヒンメリを作ったり、整体をしながら日々を暮らしています。
目の前の窓から見える草木や野鳥、風や季節、自然にあるものをイメージし麦わらを組み、そしてヒンメリを眺めた人が、ほっとする、心が豊かにあたたかい気持ちになれますように、、、と想いを込めてヒンメリを作っています。
 

#ヒンメリ食堂

[jr_instagram id=”3″]

1DAYマルシェ2017.12.18

夏に開催した1dayマルシェが冬にもやってきます。手仕事の作家さんと、からだに嬉しいおやつやごはんのオーガニックマーケットです。作家さんや、おかしやさん、農家さん、みんなの手のぬくもりをじんわりと感じられる、ほっこりとほほえみがこぼれる、そんな冬の1dayマルシェを開催します。
おしゃべりをしたり、お茶をしたり、手仕事を体験したり、好きな時間をゆっくりとのんびりとお過ごしください。
※当日は駐車場のご用意がございません。公共の交通手段のご利用をお願いいたします。

 

 

出店者

生花 : hanauta#
リース・スワッグ: 福田麻子
お弁当 : みちベジ
クッキー : ayumi cookie
パウンドケーキ : 三日月
お菓子 : Umeco
野菜と卵 : 湘南大磯ベジタブルズアンドエッグス
カレーとチャイ : さかま
木のカトラリー・漆 : 森野春彦
手仕事のうつわ : 今古今 (市野吉記、加地学、小島鉄平、土本訓寛・久美子など)
ヒンメリ : さかまのぶこ
さをり織り : mizum工房
草木染め・彫金 : tanetane
革靴・革小物 : nest
キリム・ギャッベ : イラン手仕事
キャンドル・カゴ・木工 : リトアニアの手仕事
 

1DAYワークショップ

手仕事体験
mizum工房 : さをり織
マフラー 2時間 3000円 ※予約優先
ランチマット 45分 1000円 ※予約不要
RESERVA予約システムから予約する


nest : 革小物
革のキーケース 45分 ¥1,800 ※予約優先
RESERVA予約システムから予約する


さかまのぶこ : ヒンメリ
簡単ヒンメリ体験 30分 1000円※予約不要
しっかりヒンメリを作りたい方は2時間3000円で参加出来ます。お声かけください。


 

#1DAYマルシェ大磯

[jr_instagram id=”4″]

Art Market「ヒカリノ森」2017.12.13 – 12.24

昨年より始まったヒカリノ森。今年は
『自然と寄りそう作り手たちが作り出す、自然の優しさと手の温かさを感じるヒカリの森』をコンセプトに開催します。
北欧では、冬至の頃にはユール《Yule》と呼ばれるお祭りをします。
ユールは、キリスト教が伝来する以前の時代から北欧に伝わる古い冬至祭です。
冬至前後の北極圏の国々では、 夜が長くお昼間でも暗く太陽が沈んだ状態「極夜」が続きます。
冬至の頃に昇る太陽は非常に神聖で貴重なものとされ、そこに住む人たちは太陽の復活を祝い、お祭りをするのです。
暗い極夜を過ごして来た人たちが、きらきら輝く太陽を見たときは本当に嬉しく暖かい気持ちになるのだと思います。
この展示では、そんな太陽のように気持ちが晴れやかになるようないろとりどりに物語を紡ぐ作品が並びます。

物語を紡ぐ作り手さんたち

クッキー : ayumi cookie
生花 : hanauta# ※ 18日限定
リース・スワッグ: 福田麻子
ヒンメリ : さかまのぶこ
さをり織り : mizum工房
草木染め・彫金 : tanetane
革靴・革小物 : nest
木のカトラリー・漆 : 森野春彦
木を使ったアート : enoki
器 : 今古今
キリム・ギャッベ : イラン手仕事
キャンドル・カゴ・木工 : リトアニアの手仕事
and more…

Art Market 冬至まつり ヒカリノ森

会期:12月13日(水) – 12月24日(日)
時間:11:30 – 21:00 月火定休
会期中、ギャラリーは11:30 – 21:00のオープンとなります。
日日食堂は、水 – 金が11:30 -15:00 / 17:30 – 21:00、土 – 日は11:30 – 21:00となります。
関連
 

#ヒカリノ森2017

[jr_instagram id=”2″]

竹内玄太郎 陶展「打込みの器」2017.11.25 – 12.10

京都で作陶されている竹内玄太郎さんの展示がはじまります。轆轤(ろくろ)で成型したあとに石膏型に被せて彫った文様をうつわの内側にうつしとる「打込み(うちこみ)」という技法でつくったうつわを中心とした展示です。華やかで美しい彫り。さらにその表面に釉薬を掛けることで自然な濃淡ができ、ひとつずつ表情が違う温かみのあるうつわになります。

竹内さんの温かい素敵な人柄が伝わるようなうつわ、是非会いにきてください。

竹内玄太郎 陶展「打込みの器」

会期:11月25日(金) – 12月10日(日)
時間:11:30 – 21:00 月火定休
会期中、ギャラリーは11:30 – 21:00のオープンとなります。
日日食堂は、水 – 金が11:30 -15:00 / 17:30 – 21:00、土 – 日は11:30 – 21:00となります。

伊東正明《土と灰と鉄と器》


陶作家 伊東正明さんの「土と灰と鉄と器」の展示が4月19日からはじまります。
伊東さんは湯河原の蜜柑の木を燃やして作った灰から独自の釉薬を作られています。
代名詞である「氷雪シリーズ」や、真鶴の本小松石の粉末を使用した「ショコラシリーズ」など地元の原料を作品に反映させることに、こだわり続けています。他にも「アフリカシリーズ」「飴釉シリーズ」「天色シリーズ」など近年ではみかん灰を使った鮮やかな色の釉薬のバリエーションも増えてきました。
日日食堂でも伊東さんの箸置きや吹き出しの形をしたお皿などいくつかうつわを愛用しています。
「氷雪シリーズ」は、土と灰の鉄分だけで、このなんともいえない優しい水色が出てきます。ひとつごとに微妙に違う風合いのうつわは、鮮やかな色彩の野菜料理でも、落ち着いた色彩の煮魚でも、どんな料理でも受け止めてくれます。一見シンプルに見える伊東さんのうつわは、料理を盛りつけた時にとても食卓のイメージを膨らませてくれる、ずっと毎日使い続けたいうつわだといえます。
派手であったりポップな見た目のうつわはお客さまの目を惹き、実際そちらのほうが良く売れたりします。
でもずっと飽きずに毎日好きになっていくうつわって、使い手のことをどれだけ考えてくれているのかっていうことな気がします。いとうさんのうつわにはいとうさんの誠実さと、使い手へのやさしさの両方が込められているように感じます。
今回の展示では、どのように今古今の空間というフィルターを通して、伊東さんの持つ世界観を表現できるだろうかと考えました。
「誠実なうつわ」というコンセプトで伊東さんのDMの写真撮影を行ったのですが、食堂の料理を盛りつける事でお客さまの使うイメージを固定させてしまわないか少し悩みました。でも、撮影したうつわの写真を確認して、僕がいつも感じているいとうさんのうつわの誠実でやさしい空気感をそこに感じる事ができました。
使うことで引き立つ「用の美」を備えたうつわはどんな料理でもしっかりと受け止めてくれるのだというメッセージを伝えられれば嬉しいです。
うつわを選んでいて、表面的なデザインや好みの「第一印象」の時期を通り過ぎ、あれこれと空想を続けた結果、当初はまったく気にしていなかった別のうつわの魅力に気付く時があります。
ごはんをよそっているところ、自分の得意料理を盛りつけたところ、大好きな家族や友人が使っているところ様々な場面をイメージしてみてください。うつわに盛りつけるもの、飾るものをを組み合わせたときに見えてくる別の存在感、それを見つけたときに自分にとって末永くお付き合いができるうつわと出会える喜びがあります。きっと今回の伊東さんの展示は皆さんにとって「これしかない宝もの」が隠れているとおもいます。
在廊している伊東さんにも色々と聞いてみてください。きっとぴったりなうつわを見つける素敵なアドバイスをくれるとおもいます。

象鯨企画・絵画彫刻3ヶ月展

現在、大磯を本拠地とする美術研究所の象鯨さんのイベントが 2017年、年明け早々から桜の咲く頃までの間、開催されます。象鯨さんに縁深い作家たちが、『今古今』にて作品を発表をしたり、ライブ作製をおこなうアート三昧な3ケ月。会期を5期に分け、作品を入れ替え、来るたびに違った作品、作家さんと出会えます。 会期中、ライブ制作なども行い、大磯の地で、多くの作家たちが 作品を発表し、交流できる3ケ月となりますのでご期待ください。

[metaslider id=1456]


会期1 2017年1月11日[水]~1月22日[日]

象鯨美術学院 社会人 講師作品展

出品作家:武井好之、西村浩幸、菊地雅文、鶴田学、
川合朋郎、里佳孝、武田裕子、高橋香織、瀬川祐美子、賀来栞


会期2 2017年1月25日[水]~2月12日[日]

象鯨美術学院 在籍学生(高校2年生から浪人生)と
芸大・美大生10名(学生講師)の作品展

出品在学生:浪人生6名、高校三年生2名、基礎科生数名
出品大学生:中橋友理、三津紅音、阿部美玖、竹本明梨、
福地彩乃、茨田果穂、福田拓郎、岡田光輝、川崎和、戸矢渚

1月28日[土]13:OO-2O:OO
粘土による塑造造形制作
1月29日[日]13:OO-2O:OO
石膏と自画像のデッサン制作

会期3 2017年2月15日[水]~2月24日[金]

象鯨企画展
「はしもとみお×西村浩幸絵と木彫展」


会期4 2017年3月1日 [水]~3月11日[土]

象鯨企画展
「神野佳子・高橋香織・賀来栞ドローイング展」


会期5 2017年3月15日[水]~3月27日[月]

象鯨企画展
「大曽根俊輔乾漆の動物彫刻展」

ヒカリノ森

北欧では、冬至の頃にはユール
《Yule》と呼ばれるお祭りをします。
ユールは、キリスト教が伝来する以前の
時代から北欧に伝わる古い冬至祭です。冬至前後の北極圏の国々では、夜が長くお昼間でも暗く太陽が
沈んだ状態「極夜」が続きます。
冬至の頃に昇る太陽は非常に
神聖で貴重なものとされ、
そこに住む人たちは太陽の復活を祝い、
お祭りをするのです。
暗い極夜を過ごして来た人たちが、
きらきら輝く太陽を見たときは
本当に嬉しく
暖かい気持ちになるのだと思います。
この展示では、そんな太陽のように
気持ちが晴れやかになるような
いろとりどりに物語を紡ぐ作品が並びます。

開催詳細

期間 12月14日(水)~12月26日(月)
休み 毎週火曜日定休
時間 11:30~21:00

作家
ayumi cookie(クッキー)神奈川
summit (手織り キリムとギャッベ) イラン
tane tane(草木染めと彫金)神奈川
yukinoiro(アクセサリー)埼玉
漆具 (漆) 神奈川
さかまのぶこ(ヒンメリ)神奈川
篠原宏子(ヒンメリ)神奈川
竹内玄太郎(陶芸)京都
原田百恵(テキスタイル)神奈川
福田麻子(リース)神奈川
[metaslider id=1368]

ハレとケ −竹内玄太郎、さかまのぶこ2人展

ハレとケ
誕生日や記念の日、クリスマス、お正月、特別な『ハレの日』の食事は嬉しい楽しい時間です。
でも、何もない普通の日『ケの日』もなんだか気持ちがウキウキハレな気持ちになってしまう、そんな食事を彩る器とヒンメリを並べました。
竹内玄太郎さんの器は、とても優しくあたたかみのある器です。
彫刻も勉強されてきたので、型押しの器はとってもキレイで目を惹くものばかり。
普段のお料理も盛り付けた時にキラキラと魔法がかかったようにお料理を引き立ててくれます。
どんなものもハレな気持ちにさせてくれる器です。
日日食堂でも玄太郎さんの器を使っていて、スタッフにもお客様にもとっても好評なのです。
そして、さかまのぶこの作るヒンメリという伝統装飾はフィンランドでハレの日や冬至に、家族の幸せや豊作を願い、みんなの集まる食卓の上に飾られます。
光のモビールとも言われるヒンメリ。
ヒンメリが揺れるときに作り出される光と影を眺めていると、なんだかほっこり気分になれます。
竹内玄太郎さんの器が並ぶ食卓の上に揺れるヒンメリ。
楽しい食卓の会話。みんながにこにこハレな気持ちな時間が過ごせますように。
と、いう気持ちを込めた2人展です。

開催詳細

期間 12月1日(木)〜12月12日(月)
時間 11:30〜21:00

 
[metaslider id=1367]
 

竹内玄太郎 (陶芸)

京都を中心に活躍されている陶芸家です。
親子二代で陶芸をされており、京都らしい繊細な作風に優しい風合いもあり、普段の食事など日常に溶け込める器です。彫刻も学ばれており、その技術を生かした打ち込みの器が特徴的です。

  • 1974 京都に生まれる
  • 1998 京都造形芸術大学 彫刻科卒業
  • 1999 京都府立陶工高等技術専門校 成型科卒業
  • 2000     同校        研究科卒業
  • 2004 大阪で2人展
  • 2006 京都で個展
  • 2007 京都で個展
  • 2008 京都美術ビエンナーレ出品
  • 2009 京都で個展
  • 2009 高岡クラフト展入選
  • 2010 京都で個展
  • 他、個展やグループ展多数

さかまのぶこ

大磯で整体を生業として暮らしています。
私が初めてヒンメリと出会ったのは、築100年以上経つとある古い旅館。
旅館の長い廊下の天井に、数え切れないくらいのヒンメリがキャンドルの暖かい光の中でゆっくりゆっくり揺らめいていました。そのヒンメリの作り出す光と影になんともいえない心地良さを感じ一瞬で魅了されてしまったのです。
あれは何ていう名前なんだろう?
どこの国のものなんだろう?
どうやって作るんだろう?
たくさんの「?」をひとつずつ解決していく度に、どんどんヒンメリの世界に夢中になってしまった私。
眺めることも、作ることも大好きなヒンメリ。ヒンメリの作り出す暖かく優しい光と影をもっと沢山の方に味わってほしいなと言う想いを込めてヒンメリを作っています。

11/9(水)〜11/16(水) 左義長写真展

こんにちは。左義長好きな今古今メンバーのさかまのぶこです。
今日から小柴尊昭さんの左義長写真展《SAGICHO 燃え上がる生命》が始まりました!
1月の新月宮酒場でも大磯の左義長の写真のスライドショーをしてくださった小柴さんです。
左義長のセイトバレエ(どんど焼き)の写真はいろんな方が写真を撮られるのでよく見かけるですが、小柴さんの切り取る左義長は、たくさんの人の手によって左義長と言う行事が作られているんだなと、そして大磯の人ってあたたかいなと改めて感じる写真がたくさんです。
小柴さんの目に、大磯はこんなふうにうつっているのだなぁと。
とても優しくて、透明感のある、その時の空気感が伝わってくるすてきな写真が展示してあります。

11/12(土)は左義長保存会の芦川さんをゲストにお迎えして、『左義長の過去〜現在〜未来を考える』をテーマに昔の左義長のフィルムの上映やトークセッションなど左義長をよりよく知ってもらえるような左義長ナイトを開催します。
どなたでも参加できますので、左義長大好き!!な方も、左義長気になるな。。。な方も是非お気軽にご参加ください。
そして今回は浜ノ町の御仮屋をお借りして、小柴さんの写真と一緒に展示をしています。
旧正月の時期にしか組まれない御仮屋。
なかなかまじまじと見ることはないので、これも見所の一つと思います。
大磯の伝統文化の一つである左義長。
是非ご覧になってください!
左義長写真展/小柴尊昭 〜SAGICHO 燃え上がる生命〜
展示会期 11/9(水) 〜11/16(水) 11:30〜21:00
イベント『左義長ナイト』11/12(土)18:00〜20:30

[metaslider id=1362]

開催詳細

期間 10月9日(水)〜11月16日(金) [火曜日定休]
時間 11:30〜21:00    [月曜日のみ15時まで]