カテゴリー: Exibition/今古今

伊東正明 陶展「Basics」
2018.1.6 – 1.28

陶作家 伊東正明さんの、湯河原のみかん灰からつくられるターコイズブルーのように美しい灰釉の器「氷雪」。洗練された薄くてきれいなシルエットが多い伊東さんの器ですが、今回の展示にあたって、今古今として「くらわんか」碗をつくってほしいとお願いをしました。
そうしたところ、伊東さんからも常々つくりたいとおもっていた「なます皿」という器があると伺い、あれよあれよと意気投合して今回の展示「Basics」のコンセプトへと繋がりました。

いつもより無骨で分厚いフォルムの器たち。でも分厚くつくられた器は、そのかわりにやさしい佇まいを持ち、ああ、これも伊東さんの手が持つ感覚「Basic」のひとつなのだなあ、と新たな世界観の発見にとても嬉しくなりました。ぜひいつもと違う伊東さんも楽しみに、「Basics」の展示へいらしてください。

 

 

伊東さんの展示に向けたメッセージ

2018年は、独立して15周年という節目の年になります。
これまでの自分の仕事を振り返り、この1年はじっくりと「食器」に取り組んでみたいのです。

少し前から気になっている器があります。
「なます皿」という昔の器をご存知でしょうか?
一見すると古臭い生活雑器のようですが、私には受け入れるものを拒まない懐の深さがあり、料理を支える安定感抜群の器に思えるのです。

こういった古くからある「まなす皿」のような魅力的な和食器を取り上げて、その本質を求めて制作した器の数々を「Basics」としました。
本展ではその「Basics」の第一歩を踏み出したいと思います。

陶作家 伊東正明

 

#伊東正明Basics

No images found!
Try some other hashtag or username

1DAYマルシェ
2017.12.18

夏に開催した1dayマルシェが冬にもやってきます。手仕事の作家さんと、からだに嬉しいおやつやごはんのオーガニックマーケットです。作家さんや、おかしやさん、農家さん、みんなの手のぬくもりをじんわりと感じられる、ほっこりとほほえみがこぼれる、そんな冬の1dayマルシェを開催します。

おしゃべりをしたり、お茶をしたり、手仕事を体験したり、好きな時間をゆっくりとのんびりとお過ごしください。

※当日は駐車場のご用意がございません。公共の交通手段のご利用をお願いいたします。

 

 

出店者

生花 : hanauta#
リース・スワッグ: 福田麻子

お弁当 : みちベジ
クッキー : ayumi cookie
パウンドケーキ : 三日月
お菓子 : Umeco
野菜と卵 : 湘南大磯ベジタブルズアンドエッグス
カレーとチャイ : さかま

木のカトラリー・漆 : 森野春彦
手仕事のうつわ : 今古今 (市野吉記、加地学、小島鉄平、土本訓寛・久美子など)

ヒンメリ : さかまのぶこ
さをり織り : mizum工房
草木染め・彫金 : tanetane
革靴・革小物 : nest
キリム・ギャッベ : イラン手仕事
キャンドル・カゴ・木工 : リトアニアの手仕事

 

1DAYワークショップ

手仕事体験
mizum工房 : さをり織
マフラー 2時間 3000円 ※予約優先
ランチマット 45分 1000円 ※予約不要

RESERVA予約システムから予約する


nest : 革小物
革のキーケース 45分 ¥1,800 ※予約優先

RESERVA予約システムから予約する


さかまのぶこ : ヒンメリ
簡単ヒンメリ体験 30分 1000円※予約不要
しっかりヒンメリを作りたい方は2時間3000円で参加出来ます。お声かけください。


 

#1DAYマルシェ大磯

  • hellip
  • 1810hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • 13hellip
  • hellip
  • himmeli wohellip
  •  hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  •  hellip
  •  Art Markhellip
  • hellip

さかまのぶこ「ヒンメリ食堂」
2017.12.1 – 12.28

ヒンメリはフィンランドに古くから伝わる伝統的なオーナメントです。
太陽が昇らず、冬の長い過酷な環境でも育つライ麦はフィンランドの人々に『神の穀物』と言われるほどとても大切な存在です。
そのライ麦の麦わらで作られるヒンメリは、冬至の頃に豊作や家族の幸せなどの願いを込め家に飾られます。
自然の恵みに感謝し、誰かのことを想い作られるヒンメリは、眺めているだけで優しい気持ちにさせてくれます。

冬のヒンメリ展のこと

ヒンメリは家族の幸せを願い、家族の集まる食卓の上にも飾られます。
家族、恋人、友達、大切な人と日日食堂にごはんを食べに来られた方たち、もちろんお一人でゆっくりとごはんを愉しみに来られた方も。
日日食堂のごはんを食べている上でヒンメリがゆらゆらと揺れ、そこにいるみんなが幸せな時間を過ごせますようにと言う想いで飾りました。
冬至までに少しづつヒンメリを増やしていきます。木の冷蔵庫の上のヒンメリは一日一個ヒンメリを足していきますので、変化も是非お愉しみください。

ヒンメリ作家 さかまのぶこ

海と山のあいだにあり、自然がたくさんの大磯という小さな町でヒンメリを作ったり、整体をしながら日々を暮らしています。
目の前の窓から見える草木や野鳥、風や季節、自然にあるものをイメージし麦わらを組み、そしてヒンメリを眺めた人が、ほっとする、心が豊かにあたたかい気持ちになれますように、、、と想いを込めてヒンメリを作っています。

 

#ヒンメリ食堂

  • hellip
  •  201712hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  •  hellip
  •   hellip

Art Market「ヒカリノ森」
2017.12.13 – 12.24

昨年より始まったヒカリノ森。今年は
『自然と寄りそう作り手たちが作り出す、自然の優しさと手の温かさを感じるヒカリの森』をコンセプトに開催します。

北欧では、冬至の頃にはユール《Yule》と呼ばれるお祭りをします。
ユールは、キリスト教が伝来する以前の時代から北欧に伝わる古い冬至祭です。
冬至前後の北極圏の国々では、 夜が長くお昼間でも暗く太陽が沈んだ状態「極夜」が続きます。
冬至の頃に昇る太陽は非常に神聖で貴重なものとされ、そこに住む人たちは太陽の復活を祝い、お祭りをするのです。

暗い極夜を過ごして来た人たちが、きらきら輝く太陽を見たときは本当に嬉しく暖かい気持ちになるのだと思います。
この展示では、そんな太陽のように気持ちが晴れやかになるようないろとりどりに物語を紡ぐ作品が並びます。

物語を紡ぐ作り手さんたち

クッキー : ayumi cookie
生花 : hanauta# ※ 18日限定
リース・スワッグ: 福田麻子
ヒンメリ : さかまのぶこ
さをり織り : mizum工房
草木染め・彫金 : tanetane
革靴・革小物 : nest
木のカトラリー・漆 : 森野春彦
木を使ったアート : enoki
器 : 今古今
キリム・ギャッベ : イラン手仕事
キャンドル・カゴ・木工 : リトアニアの手仕事

and more…

Art Market 冬至まつり ヒカリノ森

会期:12月13日(水) – 12月24日(日)
時間:11:30 – 21:00 月火定休
会期中、ギャラリーは11:30 – 21:00のオープンとなります。
日日食堂は、水 – 金が11:30 -15:00 / 17:30 – 21:00、土 – 日は11:30 – 21:00となります。

関連

 

#ヒカリノ森2017

  • 1DAYhellip
  • 1DAYhellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  •  hellip
  •  hellip
  •  hellip
  • hellip
  •  hellip
  • 3hellip
  •  hellip
  • hellip
  •  Art Markhellip
  •  2017hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  •  hellip
  • Regram enhellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • 1213hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  • hellip
  •   hellip
  • hellip
  • hellip