《福井》

夫婦合作の『三島手』の器。

三島というのは、生地の表面に線を彫ったり印判を押してへこませ、そこに化粧土を埋め込む象嵌技法の器のこと。
李朝時代の朝鮮半島でよく作られていたものです。
そんな李朝の器をお手本に、造形(ロクロ)を訓寛さん、象嵌を久美子さんがそれぞれ担当して三島作品を制作。越前の土が持つ荒々しさと何とも言えないやさしい紋様のコンビネーションがとてもすてきなシリーズで、薪窯で焼いた作品ならではの風合いが魅力です。