ヒンメリ教室

 

今古今の天井をふと見上げると、あちこちでゆらゆらと揺らめく幾何学模様の不思議なオーナメントが目に入ります。

ヒンメリ(himmeli)とは、麦わらと糸だけで造られた古くから伝わるフィンランドの伝統的な飾りもの。
五穀豊穣や家族の幸せを願って、家族の集まる食卓の上や台所、玄関などに飾ります。
お米を食べて自然の恵みに感謝し、稲わらでしめ縄やしめ飾りを作って正月を迎える日本の文化と同じように、ライ麦を主食としているフィンランドでは、ライ麦の麦わらを使ったヒンメリを作り冬至を迎えます。
どこか似ている日本の文化とフィンランドの文化。なんだかとっても親近感が湧きませんか?

私が初めてヒンメリと出会ったのは、築100年以上経つとある古い旅館。
旅館の長い廊下の天井に、数え切れないくらいのヒンメリがキャンドルの暖かい光の中でゆっくりゆっくり揺らめいている。そのヒンメリの作り出す光と影になんともいえない心地良さを感じ一瞬で魅了されてしまったのです。

あれは何ていう名前なんだろう?
どこの国のものなんだろう?
どうやって作るんだろう?

たくさんの「?」をひとつずつ解決していく度に、どんどんヒンメリの世界に夢中になってしまった私。
育てる楽しみ、収穫の喜びなども味わいたくて、とうとう材料である麦を育て始めました。

眺めることも、作ることも大好きなヒンメリ。
今古今を訪れたひとたちにも、ヒンメリの作り出す暖かく優しい光と影を味わってほしいなと言う想いを込めて今古今のヒンメリを作りました。

どうしても下を向きがちな日々。
ちょっと上を見上げて、ヒンメリがゆらゆらと気持ち良さそうに揺らめいている姿を眺めて深呼吸してみるのもいいかもしれません。

2016年よりヒンメリのワークショップが始まりました。
毎月第3土曜日、日が暮れた時間から始まるワークショップです。
お酒やお茶を飲みながらリラックスした状態でヒンメリを作ります。
はじめましてのひとも、お友達同士も、みんなで楽しく時間を過ごせたらと思っています。

 

⚫︎ヒンメリワークショップ⚫︎
【参加費】3,000円(材料費、1ドリンク付)
【日時】毎月第3土曜日 18:00〜20:00(2時間)
【定員】8名
【内容】
一回のワークショップで一つのヒンメリが完成します。
初めての方は基本となる正八面体を。二回目以降の方はレベルに合わせて色んな形に挑戦できます。
コース制ではないので、一回だけでも、何回でも参加いただけます。
【準備・用意するもの】
材料、道具全て用意してありますのでお気軽に参加ください。
完成したヒンメリはお持ち帰りいただけます。
【申し込み方法】
RESERVA予約システムから予約する
下記の電話番号又はメールアドレスにて
・氏名
・ご連絡先(メールアドレス又は電話番号)
をお知らせ下さい。
【お問い合わせ】
分からないことなどありましたら下記のメールアドレスにご連絡ください。
【連絡先】
0463-71-5741(今古今)
manabi@conccon.com