けもの 「おおきな木」原画展
2018.5.16-6.3

シンガーソングライター青羊(あめ)のソロプロジェクトである“けもの”の代表曲のひとつ「おおきな木」を、横浜システム工学院の若い学生たちが1年かけて手描きアニメーションによるミュージックビデオに仕立てました。

若い学生達が、1年かけて制作した味わいのある動画は2,000枚の原画からつくられています。
そのうちの200枚を選び今古今で展示をします。

この試みは2017年の横浜システム工学院の授業課題として、学生による制作活動によるものです。
講師スタッフとして、大磯にある象鯨美術学院が1年間お手伝いされました。
  西村広揮監督(象鯨会)
  象鯨美術学院講師6名による、手描き作画指導・制作補助。
  システム工学院講師、二戸葵が監修。

《けもの》について

モデル:けもの(青羊) 撮影:田里弐裸衣

“けもの”は2010年にスタートした青羊(あめ)のソロプロジェクト。
オリジナルの曲を作り、歌う。
ジャンルはジャズ。ポップス。ロックなど都度変化する。
菊地成孔プロデュースで2作のアルバムをリリースしている。
2013年「ル・ケモノ・アントクシーク」、2017年「めたもるシティ」。
今古今でのライブは2015年「Fish京子ちゃんin大磯展」以来、今回は2回目となる。

公式サイト《けもの》

おおきな木


 

展示のこと

けものライブ
2018.5.25

2018年4月7日

シンガーソングライター青羊(あめ)のソロプロジェクト<けもの>。 この日はオリジナル曲「おおきな木」… 続き