小澤忠恭写真塾
2018.6.24

写真を撮るのは、撮りたいことがあるからだ。撮りたいモノじゃない。撮って人に見せたいコトがあるのだ。

山や湖や、人や猫は写真に写るが、写真は勿論写っているものだけで出来ているのではない。コトは、モノじゃないので写真に写らないが、そこに何が写っているにせよ、その写真を味わい深いものにする力は実はその、コトの方にある。

コトはエモーションや、想い、ヒューモア、思想など、人の思うこと、心を動かすことと連動していて、その写真を取る本当の意味での動機になり、またその写真を見る人とのつながりを作り出す。

写真はまず、そうやって撮られるのだ。

もう一度言うが、撮りたいモノがあるんじゃないんだ。見せたいコトがある。

その見せたいコトは言葉にはしづらい。言葉にできるなら、それならしゃべるか文を書いたらいい。その方がさっさと人に伝わるだろう。言葉にできないコト。それが写真になる。

自分がどんなコトと関わりを持ち、どのようにそれを考えているのか、それを言葉ではなく、画で考える事。それが写真する事だ。そして現場でそれを一枚の写真に定着させる。

褒めてもらいたくなるのは、その後だ。写真が出来上がって人に見せる時に、自分がやったことを初めて褒めてもらいたくなる。

写真を撮る時に褒めてもらいたがっていてはいけない。ただ伝えたいコトを無垢に思っていればいい。思っていることは写真に出る。褒められたがってばかりいる写真屋は魅力的ではないと肝に銘じておく。

そりゃあ、褒めてもらいたいが、そううまくはいかない。人が褒めてくれないのはうまく写真が撮れなかったからだ。思いがいけなかったのじゃない。写真が下手なのでもない。ただ、コトがうまく写真に乗ってこなかったのだ。次はうまくやれるに違いない。そう思ってまた旅に出る。

小澤忠恭

写真塾 講義内容

1.参加者の皆さんに事前に送っていただいた写真の(紙焼き&データ)小澤さんによる詳細な選評及び講評
2.ミステリー作家の島田荘司さんをゲストに迎え『感性を磨く為のものの見方、聴き方、読み方、切り取り方』についての対談

タイムスケジュール

・15時30分開場

・16時00分〜17時00分
小澤さんの「写真を巡る」フリー・トーク。
初心者からハイ・アマチュアまで満足いただけるお笑い満載の小澤忠恭写真慢談です。

・17時00分〜18時00分
会場には皆様から事前に送られた作品を展示します。
小澤さんが講評したあとで優秀作品3点を選びます。
ゲストの島田荘司さんにも優秀作品を選んでいただく予定です。

-15分休憩-

・18時15分〜20時
[対談]小澤忠恭VS島田荘司
 テーマ:ものの見方、聴き方、読み方、切り取り方

-30分休憩-
*講義は20時で終了です。

・20時30分〜22時
小澤さん、島田さんを囲んで懇親会。

会場

今古今(日日食堂は同じスペース内) 神奈川県中郡大磯町大磯55

アクセス

JR東海道線「大磯駅」下車、徒歩15分またはバス、バス停「長者町」下車

スケジュール

15:00開場 [セミナー]15:30-19:30 [懇親会]19:40-21:00(自由参加・別途精算。 会費は2,000円前後)

料金

¥4,000(税込)

お申込み方法

詳細はこちらよりお願いいたします。
https://www.pinpoint.ne.jp/event/2018/06/24/2018.php
参加希望の方は以下宛てにメールをお願いいたします。
メール宛先:info@pinpoint.ne.jp

件名:小澤写真塾参加希望
本文:お名前、電話番号、懇親会への参加確認、その他ご質問があればお書き下さい。

【今古今(日日食堂)でも参加申込の受付け可能です。お店で直接参加確認をして頂くか、0463-71-5741(今古今)までお問い合せください。】


 

写真塾いろいろ

スペシャルゲスト:島田荘司さん

《略歴》 1948年広島県生れ。 武蔵野美術大学商業美術デザイン科を卒業。 1981年『占星術殺人事… 続き