2021-01-09

鶏もも肉の甘酢あんとディル

新しい主菜。

大山どりのもも肉の甘酢あんに、畑で摘んだディルをあわせました。

甘酢あんのベースは色々試した結果、昆布だしが一番良いようでした。

ブライニングをしてふっくらジューシーになった鶏の旨みが昆布だしと口の中で混じり合い、昆布だしによって鶏の魅力を引き出してくれるのだとおもいます。

かつおと合わせだしや魚のあら出汁だとちよっと色々やかましくなってしまうように感じました。

そして、その口の中で合わさった「美味しい!」をディルで爽やかにまとめあげた後、つけ合わせの素揚げした菊芋や茹でた菜の花、玉ねぎの甘みが良いサポートとしての演出をしてくれます。

関連記事