芦澤和洋 陶展「化粧の仕事」
2018.10.17 – 11.3

芦澤さんのつくるスリップウェアのうつわはは、その独特な意匠でとても魅力的な姿をしています。

スリップウェアとは英国で18世紀頃用いられていた日用雑器で、スリップ(泥しょうと云ったりもします)という泥状の化粧土で模様が描かれています。 ろくろで形を作り、模様を描くという一般的な作り方と異なり、模様を描いてから型で形を作ります。
大昔、新石器時代の幾何学文などが描かれた彩文土器からスリップはやきものの装飾に使われていました。芦澤さんのスリップウェアのうつわは、そんな昔からあるプリミティブな技法を用いながら、非常に洗練されたデザインに仕上げています。

「化粧のしごと」。それが本展で芦澤さんが我々に見せたいものなのです。

《芦澤和洋 陶展 「化粧の仕事」》
2018.10.17 – 11.3
在廊予定は10.21、28、11.3となります。

今古今 0463-71-5741
神奈川県中郡大磯町大磯55
11:30-15:00 月火休